予約時期

私達がディズニーワールドへ行ったのは昨年の10月末でした。

そして、予約したのは3月中旬。

半年以上前から予約していたわけですが、これには理由があります。

 

 

早割の利用

私たちが利用したJALパックには早割がありました。150日前で¥20000、120日前で¥15000、90日前で¥10000。つまり、5か月前までに手配すると2人で¥40000も安くなるのです。これを利用しない手はないですよね。

ただし、申し込みが早すぎるとリクエスト手配のような形になり、すぐ旅程が決まりません。私たちの場合、昨年の3/25に申し込み、それが成立したのは4/10でした。確定するのに2週間以上もかかったわけです。5か月前の手配なら、よほどのことがない限り満席で入れないということはないでしょう。ただし、確定となるのに時間がかかるため、早めに休みの申請を出さないといけない場合などは余裕をもった方がよさそうです。

 

WDW内の各種予約

また、WDW内の施設の予約が結構早めからスタートします。

まず、レストランの予約がなんと半年前から始まります。ランド・シーだと1か月前からなので、それと比べるとかなり早くから準備を進める必要があるわけです。レストラン自体の数も多いですし、全世界のディズニーファンがここに集うわけですからね。半年前から開始にでもしないと、アクセスが集中しすぎてしまってページが落ちてしまうのでしょう。それでも美女と野獣のお城を模した「Be Our Guest Restaurant」は半年前からものすごい人気です。別の記事で詳しく書きますが、私は予約開始の4時間後にアクセスしたにもかかわらず、取りたい時間はすべて埋まっていました。また、何人かのプリンセスと会える「Cinderella's Royal Table」をはじめとして「Gurden Grill Restaurant」「Hollywood&Vine」「Tusker House Restaurant」などキャラクターダイニング(グリしながら食べれる)のレストランもぼやぼやしていると速攻で埋まります。

ランドやシーでもおなじみのファストパス、これがディズニーワールドだと事前予約制です。これは2か月前から予約開始。細かいルールもありますが、各日3個まで事前に取ることができます。これも詳細は別の記事で書きます。

そして、それらが事前に予約できるということは、その前までにどのパークに何日目に行くかを決めておく必要があります。前回の記事で書いた通り広大な敷地なので、一日にパークを何個も行き来するのは時間の無駄。「一日目はマジックキングダム、二日目はエプコット・・・」という風に、日にちごとに行くパークを決めておくべきです。最低限行くパークさえ決まっていれば、あとは芋づる式にレストラン、アトラクションの時間も決まります。レストラン予約の始まる半年前までにパークのプランが決められているといいと思います。

 

コンファメーションナンバーの発行

WDWの施設の予約に際しては12桁のコンファメーションナンバー(予約番号)というものが必要です。自己手配の人だと各手配会社でそのままそれが出るのですが、旅行会社では聞かないと出てきません。旅行会社に連絡を取って確認が必要です。ただ、その連絡をしてからナンバーを教えてもらえるまでに、私は4日かかりました。そのため半年前ぎりぎりに手配すると、せっかく早めに手配したのにそのせいでレストラン予約に乗り遅れる可能性があります。手配自体にも時間がかかりますし、自己手配でないなら7か月前には手配申し込みまではしておいた方がよさそうです。そこから手配完了に2週間、コンファメーションナンバー取得に4日間かかったとしても間に合います。

 

おさらい

8か月前:旅行時期、期間、手配方法の検討

7か月前:手配完了、パークプランの検討

6か月前:レストラン予約開始

5か月前:早割¥20000期限

4か月前:早割¥15000期限

3か月前:早割¥10000期限

2か月前:ファストパス予約開始

 

見てもらえばわかる通り「自分のプラン通りに満喫したい!」という方は、かなり早めから計画が必要です。完璧にこなすには8か月前から動き出し、7か月前くらいには手配が終わっているのがベスト。最悪でも2か月前には手配できていた方がいいと思います。予約が思うようにできているか否かで現地での行動もかなり変わってきますので、先の予定が見通せるのであれば本当に7か月前までの手配がおすすめです。

次回はパークプランの検討の仕方について書きます。

旅行期間

ちなみに私達は6泊8日の日程にしました。

その理由をWDWの基本情報も交えながらお伝えします。

 

 

WDWの作り

WDWにはパークが4つ、ウォーターパークが2つ、ミニゴルフ場が2つ、直営のショピングモールが1つあります。

日本で例えるとランド、シーと同等のパークが4つにサマーランドとしまえんレベルのプール2つ、イクスピアリなんて比じゃない大きさのアウトレットがある感じ。そこにそれぞれ何万人という人が訪れるわけなので、直営ホテルも21以上あります

東京ディズニーリゾートの敷地面積が約0.52k㎡なのに対してウォルトディズニーワールドの面積は約122k㎡!約240倍もあり、山手線の内側の面積の2倍がWDWといえるほど敷地が広大です。

そのため、各パークやホテル間は無料の交通機関が整備されています。バスにモノレール、フェリーなど。有料ですが配車サービスのUberやミニーバンと呼ばれるタクシーも一般的です。場所場所によって使う交通機関が違うので、細かいものは下のリンクを見てください。

 

f:id:vancegiotto:20190116152645p:plain

WDW地図

旅行期間

となると、当然旅行するにも日数が必要になりますよね。WDWへ行くには諸々含めると20時間位かかるうえ、時差もあるので実際使えるのは旅行期間ー2.5日分くらいです。そのため、パーク4つを回るなら最低でも5泊7日必要。ただ、それだと絶対疲れるので私達は6泊8日で行きました。

余裕を持ったつもりでしたが、帰ってきた現在「それでもまだ足りないな」というのが正直なところです。私達は丸5日と少しを観光に費やせたのですが、すべてのやりたいことはできませんでした。

まず感じたのは毎日パークへ行って歩き通しだと相当疲れます。前もって半日休みの日を作っておいたのですが、そんなんじゃ全然足りなかったです。その日は良くても他の日は結構フラフラであまり記憶がない日もあります。なので、パーク近くのすぐ帰れるホテルを取るとか予定を詰め込みすぎないとかで対応する必要がありそうです。もちろん日程が長く取れるならそのほうがGOOD。間違っても1日1パーク制覇して残りの1日でユニバーサルスタジオとかやらないでください。ぶっ倒れます。ディズニーを回るだけでも7泊もしくは8泊あったほうがゆっくり回れて思い残しなく行けると思います。

また、結構感じたのが初めていくパークなので地理感覚がわからなくて戸惑うというのがあります。ランド、シーだったら何度も行っているのでどこに何があるのかなんとなくわかりますが、いかんせんはじめてのパーク。4つのうちの1つマジックキングダムはランドに近い作りなのでいいのですが、他のは迷ったりもします。「ここからあそこまでだったら何分くらいかかるな」というのがわからないのが結構キツイ。例えば、時間が決まっているファストパスやショーなどは自分たちを待ってくれないので、時間に余裕を見て向かう必要があります。そうすると予想外に早めにいく必要がでたり、着いたはいいものの良い席が残っていなかったりと予定通りにいかないので回れないものが間違いなく出ます。私達は「4日間でそれぞれのパークをめぐり、最後の1日で乗り残したものを」と考えていたのですが、それでも時間が合わず特にショーなどは見逃しました。

またパークだけに目が行きがちですが、直営ショッピングモールのディズニースプリングスも本気で回るなら1日必要なレベルの広さです。ここにしかないディズニーグッズもたくさんありますし、ディズニーだけで過ごすならグッズ以外のアメリカ土産はここと空港くらいでしか買うチャンスがありません。

そんなわけで初めて行くなら7泊9日以上をおすすめします。 

予約方法の決定

フロリダのディズニーワールドへ行く際、まず検討しなければならないのが手配の仕方です。自分で航空券、ホテル、パークチケットを取ってしまうか、旅行会社にそれを任せるか。
私達の場合は旅行会社で手配する方法を取りました。その理由については後述します。
まずは、それぞれのメリットデメリットを比べてみました。
 
自己手配
メリット
・安い
・ホテルや飛行機の時間など融通がきく
デメリット
・トラブルの対応が大変
・英語ができないといけない
・自分で全て予約するので手間がかかる
 
会社手配
メリット
・トラブル時に現地デスクが助けてくれる
・英語は最低限で大丈夫
・一箇所で飛行機・ホテル・パークチケットなどが予約できる
デメリット
・高い
・パッケージになっているので思い通りのプランがない場合がある
 
それぞれメリットデメリットが表裏一体というところですね。
 
個人手配のメリット
値段については圧倒的に個人手配のほうが安いです。私達が行ったときは旅行会社の手配で6泊8日1人あたり40万ほどでした。ただ、これはグレードを上げたりしているので一番安く行くとなると28万ほど。個人手配の場合は20万ほど。8万円も違うと2人で16万も違うわけで、その分ホテルや飛行機のグレードを上げることもできます。また、現地で食事をする際に使えるダイニングプランというものがあります。これが特定の時期だと無料でついてくるのですが、会社手配だとオプション扱いで料金を取られてしまいます。個人手配なら時期を選ぶことで、これを使って現地での食事代も抑えることができるわけです。そのため、予算だけで考えるなら絶対に個人手配で行ったほうがいいです。
また、泊まりたいホテルがあるという方も個人手配を利用したほうがベター。というのもパッケージツアーだとホテルのチョイスがかなり少ない!ディズニーワールドにはディズニー直営ホテルだけでも21以上あるというのに、パッケージツアーで選べるのは8種類くらいです。
 
低価格帯:オールスター、ポップセンチュリー、アートオブアニメーション
中価格帯:コロナドスプリングス、ポートオーリンズ
高価格帯:ヨット&ビーチクラブ、アニマルキングダムロッジ、グランドフロリディアン
 
このあたりしか選べないのでホテルにもこだわる方は個人手配のほうが満足行くと思います。会社手配だと飛行機の便も直前まで決まらず予定が立てづらかったり、そもそも夜着の便しかなかったりと融通がききません。
一応、個人手配の場合使うサイトのリンクをはっておきます。

 

 
会社手配のメリット 
一方でパッケージツアーのメリットはなんと行っても安心感だと思います。何かあった時に現地デスクやコンダクターに助けてもらうことができます。前の記事でも述べましたが、フロリダはハリケーンに襲われることが度々あり、飛行機が飛ばなくなる可能性があります!

特にディズニーワールドのあるオーランドまでは直行便がないため、飛行機が遅れると乗り継ぎミスもありえます。そういった時に日本の空港ならまだしも海外の空港で振替便の交渉ができるか。そこが私達が旅行会社での手配を選んだ一番の理由です。一生に一度しかない新婚旅行がトラブルに見舞われてしまった時に、その傷を最小限ですませるためには旅行会社で手配したほうが間違いないです。そんな時に自分で対応しないといけなくなって喧嘩になったりしたら一生残る傷になってしまいますからね。英語が苦手な場合は特に重宝すると思います。ホテルのチェックインも代行、その他パーク内で使う英語なども冊子をくれたり細かいところにも手が届くサービスとなっています。大変なのは入国審査の時くらいであとは中学英語でもなんとかなるはずです。
また私達の場合、妻が初の長距離フライトということもあり、疲れにくいであろうJALANAに航空会社を絞っていました。デルタやアメリカン航空など海外の航空会社だと個人手配と会社手配で結構値差があるのですが、JALANAだとそこまででもありません。特に私達はJALパックで予約し、このタイミングでJALカードも作ったことでツアー金額が3%割引に。早割も使えたので結局2人で6万も安くなりました。また、嬉しいのは地方空港から羽田・成田・伊丹までの便が無料であること。地方在住の私達だと、国内移動分のマイルはタダでつくのです。
そんなわけで安心感とマイルも考えたらそこまで値差がないことから旅行会社での手配に。JALパックにてハロウィンシーズンの予約をしたのでした。

旅行時期の検討

ネムーンの候補は色々あったのですが、「子供ができたらディズニーはしばらく満喫できなくなるよね」ということでディズニーにしました。カリフォルニアディズニーも候補にはあったのですが、「せっかく気兼ねせず休めるのなら遠出して満喫したい!」とフロリダディズニー(WDW)に決定!そこで、いつ頃行くのがベストなのかを調べました。
 
まず、気候です。
フロリダは奄美大島とほぼ同じ緯度!
気温を見てもわかる通り年中暑いです! 
 平均  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
最高気温(℃)   22   23   26   22   31   33   33   33   32   29   26   23
最低気温(℃)   10   11   13   16   19   22   23   23   22   18   15   12
降水量(mm)   50   70   80   60   70  160  180  200  170   90   40   50

真夏以外でも20℃超えですし、冬は寒暖差が大きい日があるので、過ごしやすい時を選んで行くのは難しいかもしれません。

また、フロリダは熱帯のためスコール、ハリケーンにも注意が必要です。7〜9月は昼から夕方にかけて急激な天候の悪化が起こりやすいです。9月はハリケーンシーズンの最盛期ともなっています。ディズニーワールドのあるオーランドは内陸部のため、直撃はほとんどありませんが、2017年はハリケーン・イルマが直撃しパークがクローズする日もありました。

ということで 7~9月は暑く、さらにスコール、ハリケーンがあるので私達は候補から外しました。毎日パークで歩き回り、ただでさえ疲れるはずなのに、それに追い打ちをかけられたら困りますからね。
 
次に、混雑に関して。
下のページでかなり詳しく載っています。(海外サイトですが)

大まかに言って、独立記念日(7/4)周辺、夏休み(6~8月)、サンクスギビング(11月末)、クリスマス休暇(12/23~1/2)、このあたりがアメリカの休みの日とかぶるので混みやすいようです。
また、平均的に土日が混むのは当たり前ですが、金曜も混みがちです。日本だと月曜が祝日になることが多いので、月曜のほうがなんとなく混むイメージがありますが、アメリカでは金曜を休みにして3連休にすることが多いようです。アメリカだと金曜はおまけみたいなものらしく、早めに仕事を切り上げる人やそもそも会社に来ない人までもいるんだそう。昔で言う半土みたいな感じですかね。 
ということで、気候と混雑を考えると2~5月、10~11月上旬あたりが満喫できそうです。
 
最後にイベント!
ディズニーワールドではだいたい何らかのイベントをいずれかのパークで行っています。もちろん期間限定で行っているので、参加したいイベントがある人はそれだけで旅行の時期が決まってくるかもしれません。

主だった物を挙げると、マジックキングダムでは3月下旬から4月末までのイースター、8月下旬から10月末までのハロウィン、11月から12月下旬までのクリスマス。

エプコットでは1月中旬から2月中旬までがインターナショナル・フェスティバル・オブ・アート(絵画)、3月下旬から5月中旬までがインターナショナル・フラワー&ガーデン・フェスティバル(植物)、9月下旬から11月中旬までがインターナショナル・フード&ワインフェスティバル(食べ物)、11月中旬から12月末までがインターナショナル・フェスティバル・オブ・ホリデイ(クリスマス)。

私たちの場合はマジックキングダムで特別なショーが行われる、秋のハロウィンか冬のクリスマスイベントに参加してみたかったのと、エプコットのインターナショナル・フード&ワインフェスティバルで各国のご飯を食べたかったことから、ここで10〜11月まで絞りました。

ちなみにマジックキングダムのハロウィン・クリスマスイベントはランドやシーのイベントと違って、パークチケットと別に参加チケットが必要です。16時以降から入場でき、なんと24時まで(!)パークに滞在できるというもの。イベント中は限定のショー、花火、グリーティングが行われ、限定のフードやグッズまでも販売される盛りだくさんな内容になっています。 また、有料の分おまけ的にお土産がもらえ、ハロウィンイベントではトリック・オア・トリートということでいろんなアメリカのお菓子が、クリスマスイベントではホリデイズギフトということでクッキーやココアなどクリスマスに関連する食べ物がもらえます。

ハロウィンでもらえるお菓子は個包装になっているためバラマキ土産をわざわざ買わずに済むかも、ということでハロウィンシーズンで行くことに決めました。 

大根、ディズニーワールドに行く

こんにちは、森のカルロス大根です。
今回、ハネムーンでフロリダのディズニーワールドに行くことになりました!
そこで、情報収集をしていると旅行記がたくさんでてきます!
ただ、ディズニーワールドはウォルトの「ディズニーランドは永遠に完成しない」の理念のもと、毎年のように新しいアトラクションやショーができています。
2、3年前の情報ですら現状と違うことも・・・。
そこで、私も先人に倣って旅行記を書くことにしました。
 
まず、 僕が行くのにあたって参考にしたページから紹介していきます。
 

ポータルサイト

すべての情報が網羅されている、準備には欠かせないHP。

お気に入りに登録して最新の口コミをチェックすべし。

詳しい情報ではないが、わかりやすく初心者向けの情報が載っている。

ディズニーワールドに行くことが決まったら、まずはこれから見るといいかも。

細かい内容が詳しく書かれている。

特にMy Disney Experience絡みの困ったことはここで解決しやすい。

とにかく最新の情報が載っている。

旅行社のブログなので信頼性もある。

 

旅行記

旅行期間  2015年7月22日~8月15日

古い情報になってはいるが、かなり詳しく準備の仕方が載っている。

まず一読をおすすめ。

旅行期間 2015年8月26日~9月4日

こちらも少し古い情報だが、写真が多くためになる。

旅行期間 2016年8月7日~8月14日

準備のところから書いてくれているブログ。 

帰ってきてからの振り返りもあるので参考になる。

旅行期間 2016年9月15日~9月25日

同じくフォートラベルから。

旅行期間 2017年3月

旅行記というより準備記(笑)だが、かなり細かい内容で助かる。

ちなみにディズニー映画「魔法にかけられて」の主人公の声優さんのBlog。

旅行期間 2017年10月

まだ書きかけだが、事前準備から詳しい情報が書いてある。

旅行期間 2018年4月9日~4月15日

最新の旅行記で、滞在中の様子が詳しく載っている。

 

動画

旅行期間 2014年末

かなり昔の動画だが、編集も凝っていて見ていて楽しい。

旅行期間 2016年2月

情報が古くなってしまっているが、細かい情報も出てきてわかりやすい。

旅行期間 2017年11月

まだ全編公開されていないが、 かなり編集にも凝っていて行く前に見るとテンション上がる。

旅行期間 2018年4月

最新のディズニー旅行動画。

 

 

こんなところ。

ちなみに私はこの10月に行く予定。

ここまで紹介したページには今年の6月にオープンしたトイストーリーランドの内容が載っていないのです。

私はもちろんトイストーリーランドも楽しんでくる予定なので、これから行く人の参考になればと思います。

歯医者でレーザー受けてきた

歯医者ってすごい。

 

昔はドリルで削って埋めるだけだったじゃないですか。

矯正といったらあのでけぇ銀のやつつけるのが当たり前だし。

麻酔やってくれない先生までいたり。

痛かったら手あげてくださいみたいな。

 

それが今や使う水はなんか虫歯になりにくい水ですだとかいうし、

椅子もマッサージチェア以上に稼働するし、

ドリルもドライバーかよってくらい選択肢増えてる。

 

 

こないだ昼に歯医者行った時なんてまあ未来でしたよ。

結構奥のほう虫歯やっちゃって治療してたら

「メガネかけますねー」とか言われてメガネかけさせられたのね。

大きめの。いわゆるアラレちゃんメガネのよなやつ。

f:id:vancegiotto:20160402013616p:plain

ふと先生と衛生士を見たら、2人も同じメガネをかけてて、

 

「あれ、ここ原宿かな?」って思うくらい。

 

そして取り出すのはレーザーなわけですよ。

「歯茎切りますねー」つって、そのためのメガネなのね。

すると、どこからともなくいい匂いがしてくるんです。

漂う焼き魚の匂い。

 

f:id:vancegiotto:20160402014911p:plain

 

敵ですよ。

こちとら治療中で、最中はもちろん終わってからも30分は飯食えないっていうのに。

スタッフが弁当でも食べてるんだろうな。

まぁ昼だからしょうがないと思いつつも、

溢れたよだれをバキュームがズゾゾッて吸い取っていきますからね。 

「まったく、いい匂いだなー」なんて思ってたら、

 

匂いの発生源 is 俺。

 

レーザーで俺を焼いてる。

 

その匂いがめっちゃ香ばしい。

 

なんなら助手のお腹も鳴ってたからね。

顔の真横で腹がグー。

俺食われるんじゃないかぐらいの。

僕の顔をお食べって言ってやりたかったですよね。

 

まぁ、今の歯医者では自分の焼ける匂いまでかぐことができるっていうお話。

最先端だね。

モノからコトへってこういうことよね。

タイムスリッパーマン

「もしもし。中居?あぁ中居か。久しぶり。解散して以来じゃないか?」

「そんなことより木村、慎吾が自殺したの聞いたか?」

「自殺!?慎吾が!?」

「最近仕事が少なかったかなんかで」

「ちょ、待てよ」

「老い先を悲観して身投げして」

「ちょ、待てよ!」

「即死だったらしい」

「ちょ、待てよ!!!」

「・・・」

「中居・・・?おい、中居どうした?」

周りを見渡した俺はすべてのものが一時停止しているのに気づき叫んだ。

「ちょ、待てよ!!!!!」 

 

これが俺の初めて時を遡った記憶だ。どうやら俺が「ちょ、待てよ」と3度繰り返すと 時が「待つ」。そして更に1回叫ぶと時間は駆け戻る。森が脱退した頃のSMAPへ。

 

「どうしたの木村くん、深刻そうな顔して」

「慎吾・・・!お前生きて・・・!」

「いや勝手に殺さないでよ(笑)それより青いイナズマの振り早く覚えないと」

「ここは・・・?」

「ダンススタジオじゃん。森くんがいなくなっちゃったんだし、しっかりしてよ」

「森・・・?(まさか、これはタイムスリップ!?)。そうだ慎吾、お前仕事の選り好みなんてするんじゃねぇぞ!」

 

そうして何度も慎吾に選り好みを避けるように言ったんだが、全然聞く耳を持たない。そのせいで仕事が少なくなって自殺しちまうっつーのに。俺は最終手段に出ることにした。

 

女装に武士、忍者、猿、警官、宇宙人とこれだけの色物を充てておけば、仕事を断るような羞恥心もなくなるだろう。

「おっはー!ござる!ニンニン!なまか!ほげぇえええl!うんうん!ドールマン!」

 

【なんJネタ】香取慎吾「もうアホな役やりたくない…」(なんJには)与えられねーわ@なんJまとめ

 

これで慎吾も選り好みをしないようになる。自殺する未来は書き換えられたはずだ。SMAPが解散しても5人共まともな余生を送れればいい・・・。

 

 

「もしもし。中居?あぁ中居か。解散して以来じゃないか?」

「そんなことより木村、吾郎が事故死したの聞いたか?」

「事故死!?吾郎が!?」

「運転してた車でスピード出しすぎて」

「ちょ、待てよ」

中央分離帯にぶつかって」

「ちょ、待てよ!」

「即死だったらしい」

「ちょ、待てよ!!!」

叫んだ。

「ちょ、待てよ!!!!!」 

 

「どうしたの木村くん、深刻そうな顔して」

「吾郎・・・!」

「何そんなに驚いてるの(笑)それより青いイナズマの振り早く覚えないと」

「ここは・・・?」

「ダンススタジオだろ。森くんがいなくなっちゃったんだし、しっかりしてくれよ」

「そうだ吾郎、お前車なんて運転するんじゃねぇぞ!」

 

そうして何度も吾郎に運転を控えるよう言ったんだが、全然聞く耳を持たない。運転を控えなければ死んじまうっつーのに。俺は最終手段に出ることにした。

 

(よし、吾郎は車に乗ったな。この瞬間を狙って時間を止める。そして府警を車まで連れてくれば・・・)

「ここ、駐禁ですよ。免許証見せていただけますか?」

「くそっ(ブーン)あっ」

これで吾郎も運転に気をつけるようになる。事故死する未来は書き換えられたはずだ。SMAPが解散しても5人共まともな余生を送れればいい・・・。

 

 

「もしもし。中居?あぁ中居か。解散して以来じゃないか?」

「そんなことより木村、草薙が事故死したの聞いたか?」

「事故死!?剛が!?」

「酒飲んでてふらついたかなんかで」

「ちょ、待てよ」

「車道に出たところを轢かれて」

「ちょ、待てよ!」

「即死だったらしい」

「ちょ、待てよ!!!」

叫んだ。

「ちょ、待てよ!!!!!」 

 

「(くそっ慎吾・吾郎と来て剛かよ!)」

「どうしたの木村くん、深刻そうな顔して」

「剛・・・!」

「何そんなに驚いてるのさ(笑)それより青いイナズマの振り早く覚えないと」

「そうだ剛、お前酒なんて飲むんじゃねぇぞ!」

 

そうして何度も剛に酒を控えるよう言ったんだが、全然聞く耳を持たない。酒を控えなければ死んじまうっつーのに。吾郎の時でわかったが、大体SMAPてのは全員我が強い。言ったくらいで治るようなもんじゃない。俺は最終手段に出ることにした。

 

(よし、剛はもう酔っ払って前後不覚だ。この瞬間を狙って時間を止める。そして服を脱がせれば・・・。ちくしょう、このベストジーニストなんでこんなタイミングでスキニー履いてるんだ!脱がせきれねぇ、くっ時間切れだ)

 

「ここはぁ、どこだぁ・・・!頭クラクラして分かんねぇ・・・。そこにいるのは・・・?」

「(俺がここにいるのがバレるとまずいっ)つよポンが酔払って服汚れちゃってたから脱がせてたのよ」

「慎吾だったのか、あ、気持ち悪い(オエー」

「ちょ、待・・・!(くっ、言い切ったらまたタイムスリップするところだ)」

「慎吾、水とかない・・・?」

「お、おぉ、水な、取ってくるよ(もう脱がしきったから後は通報を待つだけ。後生だ剛、お前のためなんだ)」

「しんご・・・?どこだしんご・・・?シンゴーシンゴー!

これで剛も酒に気をつけるようになる。事故死する未来は書き換えられたはずだ。SMAPが解散しても5人共まともな余生を送れればいい・・・。

 

 

「もしもし。中居?あ、剛?剛か。解散して以来じゃないか?」

「そんなことより木村くん、中居くんが自殺したの聞いたか?」

「自殺!?中居が!?」

「解散してから落ち込んでたらしくて」

「ちょ、待てよ」

「住んでたマンションから飛び降りて」

「ちょ、待てよ!」

「即死だったらしい」

「ちょ、待てよ!!!」

叫んだ。

「ちょ、待てよ!!!!!」 

 

 

「(くそっ俺以外全員死ぬのか!)」

「どうしたんだ木村、深刻そうな顔して」

「中居・・・!」

「何そんなに驚いてんだ(笑)それより青いイナズマの振り早く覚えないと」

「あぁ・・・」

 

これまで、慎吾には色役を充て、吾郎には運転に気をつけさせ、剛には酒を控えさせ、未来を変えてきた。だが、中居はSMAPの解散が原因だ。簡単に取り除けるものじゃない。それでも、それでも、だ。

 

SMAPの解散を止めるしかない。

 

SMAPの解散を止められるのは俺しかいない。俺が、後ろ指さされようと4人を守る。今までの世界では、マネージャーの勧めでジャニーズから離れ、ソロでそれぞれ活動してきた。最初は干されたりもしたが、皆頑張って乗り越えたものだと思っていた。だが、違ったようだ。苦悩を抱えていた。仕事の減少もスピードの出し過ぎも酒の飲み過ぎも考えていれば遠因は解散だった。

 

「俺は事務所に残ります。飯島さんに恩義がないわけじゃないんですが、俺には守らなきゃいけないものがあるんで」

「そう・・・わかったわ・・・。私は4人にそう話してみる」

 

スポーツ紙にリークしたのは俺だ。俺だけがジャニーズに残っても意味が無い。SMAPとして5人でジャニーズに残らなければ中居の未来は変えられない。だから、事務所の力を借りて独立は阻止させてもらった。俺が矢面に立たされることにもなるだろう。だがそれも中居を救うためだ。

 

「えー、今日は2016年1月18日です。先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました・・・・・・・・・」

ふーっ、前室に戻るとさすがにため息が出た。慎吾は泣きそうだったし、中居も感情を抑えきれなくなっていた。このまま元の5人に戻れるのか・・・?だが、今はこれで、これでいいのだ。

コンコン

「木村くん、ちょっといいかな」

「吾郎か。どうした?入れよ」

「話してもらいたい人がいるんだけど・・・」

「誰だ・・・?」

そこに立っていたのは、吾郎の同居人ヒロだった。

「あ、どうも。直接会うのははじめてですよね。木村拓哉です」

「こちらこそ、どうも。でも、初めましてじゃないんですよ」

「会ったことありましたっけ?」

「やっぱわかんないか。じゃあ自己紹介します。ヒロくんこと、

 

中居正広です

 

どういうことだ・・・。こんな気狂いと吾郎は生活していたのか?

「あなた、いや木村、お前タイムスリップしてるだろ」

「な、何を・・・」

「電話している時にタイムスリップするもんだから俺も巻き込まれたんだよ」

そうか、タイムスリップするのはいつも中居と喋ってる時。だが、最後は剛と喋っている時だったはず・・・。

「そう、剛も巻き込まれてる。今日一緒に挨拶したの、あれ未来の剛だよ」

そうか、未来のサイボーグ化した剛だったのか。どうりで。

「タイムスリップする当人は意識だけが飛ばされるようだけど、巻き込まれると肉体ごと飛ばされるらしくてさ、困ったよ。ただおかげで、ただの中居正広として結婚して子も作れた。感謝してるよ」

「ってことはちょっと待て、さっき挨拶した中居とお前と2人中居がいるってことか?」

「そう。俺らは直接会ったらどうなるかわからない。だから、木村、お前に俺の自殺を止めてもらうしかなかった。大変な役回りをさせてすまない。KANSHAしてる」

「剛は?いま本物の剛はどうしてるんだ?」

「剛はサイボーグ剛と一緒にいるはずだ」

「同じ人間が会って大丈夫なのか?」

たぶんオーライ。剛はダンスやってるからな」

「吾郎、お前はこいつが中居だって知ってたのか?」

「あぁ、僕も最初は嘘だろうと思ったんだけど、言うことすべてが起こっていくからさ。さすがに信じざるを得なかった。僕のたいせつだった人の結婚相手まで予言されたからね」

「なら、こっちの中居からSMAPを解散させちゃいけないって聞いたろ?なのに、なんで最初は独立を選んだんだ」

「僕も最初は解散させないために残ることも考えた。だけど、僕と木村くんがジャニーズに残ったとする。そしたら3対2で敵対する未来しかないよ。そのまま空中分解さ。なんとかSMAPを存続させたとしてもそのわだかまりは消えない。4対1だからこそ4人が木村くんを仮想敵としてまとまり、SMAPとして存続しうる。木村くんが許されれば関係は元に戻るんだ。だから、あえて最初は独立を表明することでSMAPを存続させようとした」

「なんだ、俺の目論見はすべてバレてたんだな。俺ははだかの王様だったってわけだ」

「少なくとも、木村くんのおかげで俺たちに明日はある。世間は知らないかもしれないけど、俺達はずっと忘れないありがとう

「ありがとうなんてよせよ。どんないいことしたのかと思われる。こんなの普通のコトだ」

「じゃあおおきに

毎度あり

fin

 

 

あれから僕たちは、何かを信じてこれたかな・・・。

愛が止まるまではこの瞬間、きっと夢じゃない